[WordPress]パーマリンク設定をミスるとURL変更で地獄です[日本語絶対ダメです]

ブログ・アフィリエイト

こんにちは。kakeです。
先日以下のツイートをしました。

WordPressのパーマリンク変更していたのですが、これは大変すぎる
パーマリンク最初にちゃんと勉強してなかったせいでやばいです😇
もうやめたい笑

今までパーマリンクのことを全く気にしておらず、変更が必要になりましたので、上記のような状態になりました。
 
今回は、このパーマリンク変更で消耗した話をしていこうと思います。特にブログ初心者の方は必見です。

スポンサードサーチ

[WordPress]パーマリンク設定をミスるとURL変更で地獄です[日本語絶対ダメです]

[WordPress]パーマリンク設定をミスるとURL変更で地獄です[日本語絶対ダメです]
パーマリンクはあとあと変更するのは結構だるいです。

パーマリンクとは

パーマリンクとは以下の画像をみてわかる通り、URLの末尾のことをさしています。
パーマリンク

パーマリンクの重要性

パーマリンクは重要です。

  • ユーザビリティ
  • SEOの影響

上記の通り。

ユーザビリティ

パーマリンクで理想とされるのが、URLをみて記事の内容が少し分かるような感じです。
 
Googleも以下のように説明されています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。引用:Google Search Consoleヘルプより

つまり、URLはあまりにも長い、または意味のわからないものだとユーザーのためにならないということです。
 

これは読者を集めるという点でとても大きな要素になります。

なので、パーマリンクを適切に設定しておく必要があります。

SEOに少なくとも影響を与える

SEOに影響を与えると言われています。そもそもGoogleが、上で引用したようにユーザーのためを思ったURLを推奨しています。
 
つまり、これを全く無視してしまうと、Googleの評価は上がりにくいと考えれらますね。

日本語のパーマリンクは最悪です[後悔した]

実は僕、100記事近くなってもパーマリンクについて全く気にかけておらず、パーマリンクが日本語でした。
 
つまり以下のような感じです。
パーマリンク
一見、日本語でわかりやすいからいいのかなと思いますが、だめです。

文字化けを起こす

パーマリンクが日本語のURLをコピーしてペーストすると以下のようになってしまいます。
パーマリンク日本語
そうなんです。何が書いてあるのか全くわからない状態になってしまいます。

例えば、ツイッターでシェアするときにコピペするときやたらと長いURLになり、汚いですし、何のことか全くわからないですね。また、これでは記事の内容も表していないので、ユーザビリティという観点から最悪です。

最適なパーマリンクの設定

それでは最適なパーマリンクの設定をしていきましょう。
 
Googleが推奨しているやり方でやったらオッケーですので、もう一度引用しますと以下です。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。引用:Google Search Consoleヘルプより

シンプルかつ意味のある単語を使う

パーマリンクはシンプルかつ意味のある単語を使い、ユーザーが理解できるようにすると最適です。

単語は区切ると良い

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。引用:Google Search Consoleヘルプより

Googleはこのように言っています。単語と単語はハイフンで区切りるといいということです。

greendress→green-dress

という感じですね。

おすすめはドメインの後に投稿内容を表す単語

よくあるパーマリンクの付け方として、以下の2点があります。

  • https://ドメイン/投稿内容
  • https://ドメイン/カテゴリ名前/投稿内容

ドメインの後にカテゴリを挟むかどうかです。カテゴリで挟んだ方がよりわかりやすいのですが、デメリットがあって、カテゴリを整理したときにパーマリンクも変わってしまうということです。
 
そうなると手間なので、投稿内容をドメインの後ろに持ってくればいいと思います。

具体的な設定は?

WordPressの管理画面にいきます。手順は下記です。

設定→パーマリンク設定→投稿名

パーマリンク設定
このようにしてあげれば、オッケーです。
 
あとは記事投稿ごとに、自分で考えたパーマリンクをつけてあげればいいです。
パーマリンク編集

パーマリンクの設定ミスでURL変更する場合[地獄]

パーマリンクの設定ミスでURL変更する場合[地獄]
次に、もし万が一、パーマリンクをずっと日本語のまま記事投稿してきたという方は、特に変更する必要があります。
 
もちろん絶対ではないですが、やっておいたほうが、Googleの評価も期待できますし、何より、ユーザーにも優しいです。

パーマリンク変更ですべきこと

  • パーマリンクを変更
  • リダイレクト
  • 内部リンク変更

主にこの3つです。

パーマリンクを変更

単純ですが、記事修正画面で、パーマリンクを変更してください。その際、記事タイトルと、古いURL、新しいURLはメモしておくといいです。

変更前後のURLをまとめておこう

あとでミスが起きると嫌なので、エクセルでまとめつつやっていくと確実です。古いURLも取得できます。
以下のような感じです。
パーマリンク変更まとめ

リダイレクト

パーマリンクを変更したら、古いURLでの評価を引き継ぐためにもリダイレクトさせよう。
 
リダイレクトとは簡単にいえば、前のURLをクリックした際、強制的に新しいURLに飛ばすというものです。
 

被リンクをもらっている場合は特に大切です。

使うプラグインはRedirection

以下のプラグインを使えば、簡単にリダイレクトの設定ができます。
Redirection
使い方はとても簡単です。下記の手順。(WordPress管理画面にて)

ツール→Redirection→歯車マークを押す→URLヘ転送、301とする

Redirection
あとは画像のように古いURLと新しいURLを入れてあげれば、オッケーです。

内部リンク変更

今まではっつけてきた内部リンクも変更しておくと、いいです。リダイレクトがうまくいっていれば、しなくても大丈夫ですが、不具合に備えてやっておいた方がいいです。
 
今回もプラグインを使います。有名な置換プラグインがSearch Regexというものです。
Search Regex
下記の手順で置換します。

ツール→Search Regex

と進み、URLを入力して、最初に検索をかけます。念の為、どこが変わるのかどれくらい変わるのか確認して、置換&保存します。保存したら戻れないので注意です。
Search Regex

結論:WordPress導入時に設定しておく&知識としていれておくこと

結論としては、このような手間をかけないためにも最初にきっちりと設定して、知識をいれておくべきです。
 

想像以上に面倒です。この作業するだけで記事一本かけますので。

 
もし万が一ミスっていたら、諦めて淡々と作業しましょう。
 
記事は終わりです。